日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

ほとんどのサロンでは「なるべく日焼けは避けてください。」と言われるはずです。その理由はサロンによっても様々かもしれませんが、大体は「脱毛の効果は薄れ、お肌のトラブルの原因になるうるから。」という説明がされると思います。それはどういった事かと言いますと、光脱毛の場合、毛のメラニン色素に光の熱を当て反応させる事で毛が抜けていく仕組みとなっています。

つまりは色の黒いメラニン色素の反応し、熱が伝わるのです。このために皮膚の色が黒い場合は、メラニン色素と肌の色との色相差が小さくなるので、施術のレベルを下げないとお肌にダメージを与えて危険が生じてしまう場合があるのです。施術レベルをさげるとどういった事になるかと言いますと、毛そのものへの効果も半減してしまう事になるのです。ですから、脱毛サロンでは施術期間中はなるべく日焼けをしないでくださいと言われるのです。

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

また、施術レベルが下がるだけの理由ではなく、お肌へのダメージにもつながる事があります。日焼けとは「お肌がヤケドをしている状態」なのです。夏場に一気に日焼けをした経験がある方はわかるかと思いますが、日焼けした部分を冷やしても冷やしても熱を持ったように熱くなり、保湿をしなければお肌がカサカサしてきます。これは日焼けによって著しく肌の水分量が減ってしまっている状態なのです。このような状態のお肌に光脱毛のフラッシュを当てると、ただでさえダメージを与えている状態なのに、さらにダメージを重ねてしまう事になるのです。

少しでも日焼けをしたら施術を受けられないのかという事ですが、サロンによっては日焼けの程度が軽くて、火照りがない場合、2週間程度の間隔をあけてお肌を休めれば施術が受けられるサロンもあるようです。またおお,脱毛中や脱毛して間もないお肌は敏感になっているので脱毛後1週間程度は色素沈着やシミが起こりやすいk状態となっているので、脱毛後の日焼けにも十分気を付けてください。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ