脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

脱毛の種類は様々です。ここでは、サロンで行う脱毛の種類についてご説明しましょう。サロンで行っている脱毛の種類は大体5つに分類が出来ます。1つは、ニードル脱毛と言って針電気脱毛と呼ばれている方法です。1本1本の毛根を処理する為、他の脱毛方法とくれべて、最も確実性の高い脱毛方法です。

ただし、時間がかかるのがデメリットとしてあげられます。そして2つ目はワックス脱毛、サロンでも自己処理でも用いられる方法で脱毛専用の液状ワックス在を温めて脱毛する範囲に塗り時間を置いてワックスが固まったらはがして脱毛をするという方法です。そして3つめはシェービングです。理髪店などで使用する剃刀を使って、広範囲のうぶ毛は細かい毛をそっていく除毛法です。そして4つめ、良く耳にする光脱毛です。

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

フラッシュ脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛などとも言われています。黒色に反応する光線で、毛球や毛乳頭を処理する方法です。1度に何本もまとめて処理できるので、電気脱毛などと比べて短時間で施術できる事がメリットです。ただしレーザー脱毛に比べて出力が弱く、効果が得られにくい場合がある事がデメリットとして挙げられます。そして最後は、医療レーザー脱毛です。医療用脱毛レーザーを照射する脱毛方法で。レーザーが黒っぽい色に反応する特徴を利用しています。光脱毛に比べ、高い効果が得られるということと、医療機関で行っているので、万が一お肌にトラブルが出た場合でもすぐに治療してもらえるという安心感もあります。

また肌表面に毛が伸びていなくても施術できるのもメリットとして挙げられます。ただし、光脱毛に比べて、大きなエネルギーで毛根を処理する為、痛みが強く感じられる方もおります。また施術マシンが高価で、医療資格者が施術を担当する為、1回の施術料金が高くなるのもデメリットです。様々な脱毛方法があるので脱毛をしたい箇所や、検討しているサロンで使用している機器、料金などいろいろな視点から通うサロンは検討すると良いと思います。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ